食を楽しもう

食べれば誰でも納得!新潟のプレミアムオイスター「佐渡のichinenkaki(一年牡蠣)」

佐渡 佐渡島 佐渡汽船 佐渡旅行 佐渡観光 佐渡ホテル 佐渡温泉 佐渡島品質一年牡蠣 佐渡土産 佐渡グルメ 佐渡カフェ 佐渡ランチ 佐渡産品 佐渡ドライブ 佐渡ツーリング 佐渡キャンプ

7つのポイント

しつこいですが【幻の一年牡蠣】vol.1〜7までの総まとめからポイントは7つです。

  • 日本の牡蠣漁獲量は世界で第4位→世界でも有数の牡蠣大国ニッポン
  • 新潟県の漁獲量のシェアは全国都道府県の産地の中でも低いが、美味しさでは全国都道府県第12位→漁獲量に対し美味しいと評価する人数が多い
  • 新潟県産と言われる牡蠣はほぼ佐渡産=加茂湖産
  • 自然の恩恵を受けている佐渡→ジオパーク、汽水湖、トキとの共生
  • 特殊な水質(汽水)を持つ<加茂湖>の誕生ストーリー
  • <加茂湖>で100年の歴史と伝統を育む牡蠣養殖の背景と仮説
  • 汽水湖の特徴を生かした究極の「地産地消」→一年で成長(自然の恵み)

この7つのポイントから導き出したキャッチフレーズが

食べれば誰でも納得!新潟のプレミアムオイスター「佐渡のichinenkaki(一年牡蠣)」です!

ichinenkaki(一年牡蠣)のストーリー

上記で記載したのが打ち出すストーリーです。

何をしなければならないか、、

  • ストーリーを一人でも多くの人たちに届け気付いてもらう
  • ストーリーに興味・関心を持ってもらう
  • どんなものなのか、もっと知りたいと思って検索をしてもらう
  • 検索後、関心が高まり次の行動に移してもらう(体験)
  • 体験した感想を広めてもらう(発信)
  • 共感してもらう(共有)

この一連のサイクルを繰り返しながら、その規模を拡大させていかなければなりません。

点(個)ではなく面(みんな)で

広げるにはコストを掛けるか時間を掛けるか、2択です。

そして個人や単体で広めるには限界がある。だから「皆んな」でなんです。

想いをひとつに、、

佐渡はドライブにちょうどいい

佐渡を満喫する醍醐味としてドライブを楽しんでください!

佐渡は意外と大きいので、そんな簡単に一周は出来ません。ポイント絞って1泊2日、ある程度カフェとか立ち寄りながらのんびりするなら2〜3泊が良いと思います。大自然を感じながらのドライブで移動そのものを楽しんでください!